ものぐさ主婦のネット生活日記(日記と商品レビューを書いてます)2人の息子を子育て中のものぐさ主婦の日記ですが、気に入った商品のレビューも書いています。 

住宅用火災警報器?原理を知って賢く設置しよう!

   ↑  2008/11/25 (火)  カテゴリー: 商品紹介・体験レビュー・感想
平成18年6月1日から全国一斉に設置が義務付けられた(新築・改築住宅で)住宅用火災警報器、自分の家に付けるものだから、どんなものかよく知っておきたいものです。

実は私、とある火災報知器のメーカーで10年近く研究開発の仕事をしていました。なので、ちょっと詳しいです。
この記事では、火災警報器、特に煙式(光電式)の警報器がどんなふうに煙を見つけるのか、なるべく直感でわかるように書いてみたいと思います。豆知識?!雑学?、どこかで役立つかも♪

ちなみに、煙式の火災警報器は、↓↓こんな形をしています。
iconicon
天井に付けるもので、
横から見た形は、↓↓こんな感じです。
iconicon

ビルの中で天井を見上げると付いているので、
見たことのある人も多いかもしれないです。


ちょっと↓↓この図を見て下さい。
火災警報器を横から見た図の赤い矢印のところを断面で見ると、こういうふうになっています。
(説明に必要な部分だけ書いてます、実際はもうちょっと複雑)

図

要は、光が出る「発光」の部分と、光を見つける「検出」の部分があるだけです。

で、べつに煙などがない普通のときは、
↓↓こういうふうに光がさしています。検出の所には、光が届きません。

図

ところが、煙が中に入ると、

図

煙(の粒子)で光が反射して(折れ曲がって)、検出のところに光が届くようになります。
こうやって、煙を見つけています。

なので、煙じゃなくても、光が反射してしまうと警報機が鳴ってしまいます。
たとえば、虫。

図

虫が入らないように工夫されているはずなのに、小さーい虫が入ってしまうこともあるようで、虫で警報機が鳴ったという話をきいたことがあります。

それから、湯気(ゆげ・水蒸気)。
湯気でも、警報機が鳴ることがあります。

図

その原理は同じで、煙のかわりに水蒸気の粒々で光が反射しちゃうわけです。

まぁ、わかってみれば、「ふーん」な話なんですけど、
「へぇ?」って面白がってみると、楽しいです。

それに、湯気で煙式の警報機が鳴っちゃうから、お風呂場の近くには熱式の警報器を付けるはずですし、キッチンも熱式のはず。
殺虫剤のスプレーとか、そういうのも鳴っちゃいますよ?。気をつけた方がいいです。^^

煙を見つける原理がわかると、「なるほど!」って思いません?そういうわけなんです。

ちなみに、この住宅用火災警報器、あのテレビショッピングで有名なショップチャンネルでも買うことができます。ショップチャンネルをテレビで見ていると衣類やアクセサリーが多いと思ってましたが、ホント、いろいろな商品があったりします。
ファッションアイテムのチェックのついでに、火災警報器もチェックしてみるといいかもしれません。^^

ナショナル 住宅用火災警報器 けむり当番icon
iconicon
ショップチャンネル

関連記事

FC2スレッドテーマ : マイホーム (ジャンル : ライフ

delicious に追加 hatena に追加 yahoo! ブックマークに追加 google bookmarkに追加 livedoor clipに追加 Buzzurlに追加 @nifty clipに追加 newsing に追加 facebookに追加 twit this!

(記事編集) http://norarinoie.blog8.fc2.com/blog-entry-890.html

2008/11/25 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


>大五郎さん
コメントありがとうございます。^^
賃貸だと自分で替えるとはいかず、なるほど難しい。
替えてもらえるといいですね。

のらり@管理人 |  2012/02/02 (木) 10:04 No.807


なるほど

ウチの賃貸が1DKですが風呂場の前に火災警報機がついててしょっちゅう誤作動します。納得できました。熱感知式に取り替えてもらえるようお願いしてみます。

大五郎 |  2012/01/27 (金) 23:54 No.806

コメントを投稿する 記事: 住宅用火災警報器?原理を知って賢く設置しよう!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback