ものぐさ主婦のネット生活日記(日記と商品レビューを書いてます)2人の息子を子育て中のものぐさ主婦の日記ですが、気に入った商品のレビューも書いています。 

今、母へ感謝を込めて贈りたいウイスキー【響】

   ↑  2009/11/02 (月)  カテゴリー: 日記です
73歳になった母、何だか最近小さくなったように感じます。
そんな母が過ごす夜には、昔も今もウィスキーの水割りが傍らにあります。

写真  キッチンウイスキー
母が晩ごはんの仕度をするときの流し台には、かならずウイスキーの水割りがあります。母の場合、キッチンビールじゃなくて、キッチンウイスキーです。

氷の浮かんだ薄い水割り、晩ごはんの支度から寝る直前まで、ずっと飲んでるんです。昔も今も。

  私が育った中で
私が思春期真っただ中だったころ、夜中までよく話を聞いてもらいました。更年期だった母は体調の悪い日もあり、大変だったと思います。

ヒステリーを起こした私の話を聞くときは、いつも畳の敷かれた居間。テーブルには水割りのウイスキーがきまりでした。

今思うと、たいした話じゃなかったように思います。でも思い悩んでいたそのころの私は、日付が変わってもずっと話をきいてもらっていました。いつも水割りの氷はとけ、うすくなって、すっかりぬるくなっていました。

写真  父が亡くなったときも
10年ほど前、父がガンで亡くなりました。ガンとわかった時には、すでに手がつけられないほど進行していました。

体調が悪かった父、看護師をしていた妹に叱られながら病院へ。撮影したレントゲンを見せられたとき、同じく看護師だった母には、ひと目で手遅れだとわかったはずです。


毎日献身的に病院へ通い、看病を続けましたが、父が助かることはありませんでした。父が亡くなって泣き腫れた母の表情をみるのは、とてもつらかったです。

そういうつらい時期、気持ちの小さい母は食事がほとんどとれなくなります。でも、やっぱり晩になると、ウイスキーの水割りがありました。

  私が母親になって
私自身が2児の母となった今、やっと少し母の苦労がわかります。わがままを言う子供たちに振り回されていると、小さくなった母の背中が大きくも思えます。

だから今、私はウイスキー【響12年】を母に贈りたい。

私が物心ついたときからずっと母が飲むウイスキーは、サントリーレッドでした。
節約が身にしみついている母は、お金に余裕ができても銘柄を変えることはありませんでした。

今もずっと、サントリーレッドです。

”もう節約しなくたっていいよ。”
”たまにはゆったり、時を重ねたウイスキーを飲もうよ。”

感謝の気持ちを込めて贈りたいです。

  母へ
お母ちゃん、
お父ちゃんの分まで長生きしてください。
毎日子供たちに振り回されてあまり電話できてないけど、また2人の孫をつれていくから。

父の分まで孫たちの成長を見守って下さいね。


サントリーウイスキー【響12年】
響12年は、日本人の美意識・感性・技を響きあわせることで生み出されたウイスキーです。日本人の感性に根ざした美味しさへのこだわりが生かされています。

山崎、白州両蒸溜所の美しい水と気候風土に育まれた個性をもつモルト原酒。梅酒樽熟成原酒や超高酒齢原酒をアクセントに、多彩なグレーンとバランスよくブレンドされています。後熟にも時間がかけられ、フルーティな味わいに仕上がっています。

技術の限りを尽くされた響12年。
歳を重ねた年配の方にこそ似合うウイスキーだと思います。

セブンアンドワイ
関連記事

FC2スレッドテーマ : ありがと(●´∪`人).+☆” (ジャンル : ライフ

delicious に追加 hatena に追加 yahoo! ブックマークに追加 google bookmarkに追加 livedoor clipに追加 Buzzurlに追加 @nifty clipに追加 newsing に追加 facebookに追加 twit this!

(記事編集) http://norarinoie.blog8.fc2.com/blog-entry-1016.html

2009/11/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 今、母へ感謝を込めて贈りたいウイスキー【響】

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback